東南アジア

JENESYS2016(経済)第1陣 ASEAN 8カ国・インド・東ティモール
2016年8月29日〜9月6日 210名

((プログラム概要))
 JENESYS2016事業の一環として、ASEAN 8カ国(インドネシア・カンボジア・シンガポール・タイ・フィリピン・ブルネイ・ベトナム・マレーシア)とインド、東ティモールの計10カ国より、経済連携と貿易・投資促進をテーマに、大学生、大学院生、社会人ら計210名が来日し、東京都と千葉県、宮城県、愛知県、大阪府、滋賀県を訪れました。

 訪日団は、都内で日本アセアンセンターによる基調講演を聴講し、日本とアジア諸国との貿易や経済連携の現状や今後の見通しについて学びました。またグループに分かれて各地方を訪問し、地元の産業や企業を、農業分野から工業分野まで幅広く視察し、日本製品の強みや海外展開への取り組みについて理解を深めました。

je16aseane1_photo1.jpg je16aseane1_photo2.jpg
みやぎ復興パーク(宮城県)
トヨタ産業技術記念館(愛知県)

 訪日団は、日本製品がこれまで世界のマーケットで成功を収めてきた秘訣は、品質の高さと信頼であり、自分たちの国が見習うべき点の一つであると話していました。また、関東圏以外の地方の中小企業でも世界を相手にビジネスができるよう、政府、民間企業、地域が協力して取り組んでいることを知り、帰国後同僚や周囲の友人に伝えたいとの声が聞かれました。

programdetail1.jpg programdetail2.jpg