東南アジア

JENESYS2016(経済)第3陣 ASEAN9カ国・インド・東ティモール
2016年10月24日〜11月1日 245名

((プログラム概要))
 JENESYS2016事業の一環として、ASEAN 9カ国(インドネシア・カンボジア・タイ・フィリピン・ブルネイ・ベトナム・マレーシア・ミャンマー・ラオス)とインド、東ティモールの計11カ国より、経済連携と貿易・投資促進をテーマに、大学生、大学院生、社会人ら計245名が来日し、東京都と千葉県、青森県、愛知県、群馬県を訪れました。

 訪日団は都内で、日本科学未来館や浅草、皇居を視察した後、10グループに分かれて各地方に移動しました。それぞれのグループは地方自治体を表敬訪問したり、地域経済に貢献する企業を視察したりして、日本とアジア諸国との間のビジネスの現状や今後の経済連携の見通しについて学び、意見を交換し合いました。

jene16aseane3_photo1.jpg jene16aseane3_photo2.jpg
名古屋環状2号線工事(愛知県)
南部町営市場(青森県)

 鉄道車両製造のトップメーカーを視察した訪日団は、最先端の機械と様々な工具を使って車両製造に取組む日本人労働者の姿、作業工程の綿密な計画と組織力、また工場内の作業場にゴミが散らかっていないことについて、驚きの発見であり、素晴らしい経験だったと話していました。そして、多くのプログラムを通して日本の社会と習慣を知り、これまでの日本人に対する見方や考え方が大きく変わったことを、帰国後家族や周りの友人に伝えたいとの声が聞かれました。

programdetail1.jpg programdetail2.jpg