東南アジア

JENESYS2016 招へい(インド/インドネシア)
2016年11月15日〜11月22日 47名

((プログラム概要))
 JENESYS2016事業の一環として、インドの学生および社会人29名と、インドネシアの若手地方行政官18名の計47名が来日し、東京都と神奈川県、岩手県、長野県を訪れました。

 訪日団は都内でオリエンテーションや日本理解講義を受けた後、国ごとに分かれて地方に移動しました。地方プログラムでは、インドグループは長野県、インドネシアグループは岩手県を訪れ、地域の産業や地元企業の視察をしたり、自然体験や文化体験をしたりして、日本と日本人への理解を深めました。

je16inin_photo1.jpg je16inin_photo2.jpg
岩手県知事表敬訪問(岩手県)
白馬高等学校 学校交流(長野県)

 訪日団は、日本人が昔ながらのコミュニティや伝統文化を守りながら、同時に生活の中に新しい技術を進んで取り入れ、変化を受け入れていることに感動したようでした。そして帰国後は技術大国としての日本の魅力だけでなく、自国の文化を大切に守る意識やその手法についても広く伝えたいと話していました。

programdetail1.jpg programdetail2.jpg