東南アジア

JENESYS2016 アジア国際子ども映画祭
2016年11月23日〜11月30日 123名(ASEAN諸国他全13ヶ国)

((プログラム概要))
 ASEAN諸国、東ティモール、モンゴル、チャイニーズタイペイの計13ヶ国から、北海道北見市で開催されるアジア国際子ども映画祭本選にノミネートされた作品の製作者である高校生等計123名が来日しました。

 訪日団は都内でのオリエンテーションの後、映画祭の開催される北海道北見市に移動しました。映画祭では日本や海外各国の青少年が「私の嫌いなこと」をテーマに作った短編映画を上映し、それぞれが映像で表現した作品への思いを参加者全員で共有し、讃え合いました。

 本選では東ティモールの学生の作品「幼い子どもが家の手伝いのために学校をやめるのはきらい」が杉良太郎特別賞を受賞したほか、優秀賞や入賞も多数選出されました(受賞作品一覧はこちら)。

je16eigasai_photo1.jpg je16eigasai_photo2.jpg
アジア国際子ども映画祭2016本選 (北海道)
カーリング体験 (北海道)

 訪日団は北見市に滞在中、北の大地の水族館の視察や、カーリング体験を通じて、北見市の歴史や伝統文化、豊かで独特な自然などについて学びました。また、6つのグループに分かれて地域の高校、大学、専門学校を訪問し、書道や茶道などの日本文化を体験したり、自国の民族舞踊を日本の学生に披露したりして、お互いに交流を深めました。

programdetail1.jpg programdetail2.jpg