東南アジア

JENESYS2017 招へい(カンボジア/スポーツ、スポーツ交流(空手))
2017年11月14日〜11月21日 20名

((プログラム概要))
 対日理解促進交流プログラム「JENESYS2017」の一環として、カンボジアより高校生及び大学生20名が2017年11月14日〜11月21日の日程で来日し、「スポーツ交流」をテーマとしたプログラムに参加しました。
 一行は、空手経験のある訪日団で、空手発祥の地である沖縄県にて空手道体験を通じて沖縄空手を積極的に学びました。
 また、日本人との交流を通して日本についての理解を深め、各々の関心事項や体験についてSNSを通じて対外発信を行いました。帰国前の報告会では、訪日経験を活かした帰国後のアクション・プラン(活動計画)についてグループ毎に発表しました。

je17in_cambo1_photo1.jpg =
エイサー体験(沖縄県)
沖縄空手会館(沖縄県)

je17in_cambo1_photo3.jpg je17in_cambo1_ap.png
民泊(沖縄県)
活動計画「空手発祥の地で得た知識を共有する」