東南アジア

JENESYS2017 招へい(フィリピン/社会、若手ジャーナリスト交流)
2017年9月12日〜9月19日 20名

((プログラム概要))
 対日理解促進交流プログラム「JENESYS2017」の一環として、フィリピンより大学生、大学院生20名が2017年9月12日〜9月19日の日程で来日し、「社会、若手ジャーナリスト交流」をテーマとしたプログラムに参加しました。
 一行は、都内で日本の社会と政治ついての講義を聴講し、その後、群馬県の新聞社及びラジオ局を訪問し、地方メディアの特色・特徴を学びました。また、一行は、プログラム中、日本のものづくりの姿勢、工芸品と地場産業にも強い関心を示し、各々の関心事項や体験についてSNSを通じて対外発信を行いました。
 帰国前の報告会では、訪日経験を活かした帰国後のアクション・プラン(活動計画)について発表しました。

je17in1phi_photo1.jpg je17in1phi_photo2.jpg
織物参考館・紫(群馬県)
株式会社FM桐生(群馬県)

je17in1phi_photo3.jpg je17in1phi_ap.png
ホームステイ(群馬県)
活動計画「日本に関する知識や考えを共有」