東南アジア

JENESYS2017 招へい(ラオス、ミャンマー/技術、環境・防災技術交流)
2017年10月31日〜11月7日 50名

((プログラム概要))
 対日理解促進交流プログラム「JENESYS2017」の一環として,ラオスより高校生,大学生および社会人15名,ミャンマーより大学生および社会人35名が2017年10月31日〜11月7日の日程で来日し,「環境・防災技術交流」をテーマとしたプログラムに参加しました。
 一行は,都内での講義で,地方の少子高齢化や国内経済の低迷など,日本の社会問題と地域に求められる役割,公共施設が行う防災の取り組みについて学びました。ラオス訪日団は,2016年の地震からの復興を進める熊本県を訪問しました。熊本県庁の防災センターでは,防災への取り組みを実際に肌で学ぶことができました。また,熊本大学,熊本市国際交流会館では,地元の方々との交流を通じて日本との絆を深め,熊本城視察,菊池市でのホームステイでは,日本文化を体験する機会を得ました。
 ミャンマー訪日団は,東日本大震災から6年が経過する岩手県を訪問し,岩手県立大学では,植生を生かした防災システムである「グリーンインフラ」という概念を学び,ミャンマーへの導入について真剣に考える姿が見られました。釜石市では,地元高校生やホストファミリーから,震災当時の状況や地域の取り組みを学ぶだけでなく,ミャンマーの舞踊を披露するなど相互に文化交流を楽しむことができました。
 このようにプログラムを通して日本についての理解を深め,各々の関心事項や体験についてSNSを通じて対外発信を行いました。帰国前の報告会では,訪日経験を活かした帰国後のアクション・プラン(活動計画)についてグループ毎に発表しました。

je17in_raomyan_phot1.jpg =
熊本県庁防災センター(熊本県)
「いのちの道」三陸ひとつなぎ自然学校(岩手県)

je17in_raomyan_phot3.jpg je17in_raomyan_ap.jpg.png
丹内神楽(岩手県)
活動計画「ゴミや産業廃棄物の管理」


programdetail1.jpg programdetail2.jpg