• トップ
  • はじめての方へ
  • JENESYSとは?
  • 体験談
  • ホームステイ
  • 交流に参加しませんか?
  • 交流ページ
  • イベントQ&A
トップ > 最新記事 > 法政大学長谷川ゼミウェブサイト
 

最新記事

法政大学長谷川ゼミウェブサイト

 法政大学長谷川ゼミのウェブサイトに掲載されたJENESYS関連記事です。

 ●2012年6月28日付
  [NEWS] Fifteen Timorese Students Interacted with the Hasegawa Seminar Students
  *上記は英文サイト(写真あり)となり、概要は以下の通りです。

*     *     *

 [ニュース] 東ティモールの学生15名と法政大学長谷川ゼミの学生が交流
          (2012年6月28日)

 2012年6月28日、東ティモールから15名の学生が法政大学を訪問し、長谷川ゼミの学生から歓迎を受けました。

 法政大学に到着した東ティモールの学生は、長谷川ゼミの学生5名の案内で、市ヶ谷キャンパスを見学しました。法政大学の前に長野県の松本大学を訪問していた東ティモールの学生は、日本の2つの大学の構造や学生を比較することができました。

 キャンパス見学後、駐日東ティモール民主共和国大使イジリオ・アントニオ・デ・ファティマ・コエーリョ・ダ・シルヴァ閣下と長谷川教授の開会の挨拶に続き、長谷川ゼミの学生16名が参加して東ティモールの学生と有益な議論が行われました。
 主な議題は、
     1)東ティモールにおける国民教育と言語に関する問題
     2)日本の教育制度
でした。
 東ティモールの学生2名が、自分たちの国の簡単な歴史と教育制度についてスピーチをしました。
 法政大学の学生たちは、東ティモールで公用語や共通語として使われる特定の言語の選択の意味について知ることに関心がわいたようです。
 2番目の議題に関しては、長谷川ゼミの中仙道舞副ゼミ長が、現行の日本の教育制度を東ティモールの学生に説明しました。東ティモールの学生たちは、日本の英語教育に関する問題や日本の現在の政治状況に興味を持ったようです。

 公式の会終了後、東ティモールと法政大学の学生たちは非公式の夕食を取りながら、意見を交わし親睦を深めました。