• トップ
  • はじめての方へ
  • JENESYSとは?
  • 体験談
  • ホームステイ
  • 交流に参加しませんか?
  • 交流ページ
  • イベントQ&A
トップ > 交流ページ > プログラムその後の交流報告 > 帰国後の交流・活動報告 > 『長期的視野の下、定期的な同会議の開催が検討されることを願っている』
JENESYS事後活動報告:2009年11月JENESYS日ASEAN学生会議参加者
 
交流ページ
 

フリートーク

プログラムその後の交流報告

写真コンテスト&一般投票

アンケート

JICEスタッフのつぶやき

 

帰国後の交流・活動報告

『長期的視野の下、定期的な同会議の開催が検討されることを願っている』
JENESYS事後活動報告:2009年11月JENESYS日ASEAN学生会議参加者

 JENESYSプログラムで2009年11月に仙台で行われた日ASEAN学生会議の参加者田中 豪さんから、同プログラム参加後の活動及び近況について報告をいただきました。
 →同プログラムの報告書はこちらからご覧ください。(申し訳ありませんが、英語表記のみとなります。)

*          *          *

 同プログラムに参加して良かったと思うことを何点か述べたいと思います。

 まず、英語学習の重要さと、アジアと日本の関係性の強さを学びました。アジア各国からの参加者の英語レベルには大きな差があり、日常会話すら厳しい人たちから小学校からインターナショナルスクールに通い、英語が第一言語の人までそれぞれでした。しかし分科会の議論を引っ張るには自分の語学力が不十分であることを悟り、翌年からの1年間のアメリカ留学を決意するきっかけとなりました。
 同時に、会議参加以前には、比較的欧米への憧れが強かった自分が、会議への参加を通じて、アジア諸国への関心も高まり、現在は、インドネシアの政府機関(エネルギー鉱物資源省)でリサーチインターンをしているところです。こうして当時の体験を振り返ってみると、会議への参加が、後のアメリカ留学やインドネシアでのインターンを決意する一つの契機になっていると思います。

次によかったと思うのは、人とのつながりです。1週間の会議が終了してから3年以上が経過していますが、個人では今もよい関係が続いています。
日本側の参加者とは年に何回か会っています。私自身が、これから金融の仕事に携わることもあり、同会議の参加者たちの多くが金融のフィールドで活躍していることは大きな刺激になっていますし、定期的に情報交換しています。こうした大学の枠を超えた人脈は大きな財産です。
また、ASEAN諸国からの参加者とも、お互いが旅行や出張で出かけたときに積極的に連絡を取って再会しています。各国の公務員になっている人もいて、国際会議の出張のついでに訪ねてくれることを嬉しく思います。先月もシンガポールの参加者とインドネシア・ジャカルタで再会しました。こういった関係は、今後ますます大切になっていくと思います。

 最後に厳しいことを言えば、単発で毎年開催するのではなく、可能であれば、毎年でも2年おきでも3年おきでもいいのですが、同じ会議の名前で、しっかりと定期的に開催して、そのネットワークを積み重ねていくことが重要だと思います。
 それは、日本人同士の関係ももちろんですが、ASEAN各国同士、ASEAN各国と日本の関係についてもそうだと思います。長期的な視野の下で、会議が存続されることを数年前の参加者の一人として願ってやみません。来年度以降の成功をお祈りしております。