南アジア

SAARC第2陣(高校生) 2013年6月3日〜6月8日 174名

((プログラム概要))
 SAARC(南アジア地域協力連合)から高校生174名が来日し、東京都内のほか、神奈川県横浜市、岩手県久慈市などを訪れました。訪日団は国別に神奈川・東京グループと岩手グループに分かれ、学校交流や文化体験、ポップカルチャー地域の視察などを行いました。

 アフガニスタン、モルディブ、スリランカからの高校生は神奈川県や東京都の各所にて、日本の歴史文化や最先端技術を扱った博物館・科学館を視察しました。他方、ブータン、インド、ネパール、パキスタンからの高校生は岩手県久慈市を訪れました。同市は東日本大震災による津波で、小袖海岸の新築の海女センターが全壊したほか、住宅の全壊・一部損壊、浸水の被害が出ました。参加者は被災状況や復興への取り組みについて説明を聞いたり、郷土料理「まめぶ」づくりに挑戦したりし、地域への理解を深めました。

saarc2_photo_kanagawa.JPG saarc2_photo_iwate.png
海洋科学高校の学生と交流(神奈川県)
もぐらんぴあまちなか水族館 防災学習(岩手県)

 学校交流では、日本の同世代の若者との意見交換や実習授業への参加などを通して、自国との教育制度の違いに興味を持ちました。

programdetail1.jpg programdetail2.jpg

((関連情報))
 ・神奈川県立海洋科学高等学校のウェブサイトに掲載されました。
  →「SAARC訪日団と国際交流しました。」(2013/6/4)
 ・横浜市立みなと総合高等学校のウェブサイトに掲載されました
  →「アフガニスタンから24人の高校生がみなと総合へやってきました!」(2013/6/5)
 ・ネパール&チベットレストラン ReshamFiririのウェブサイトに掲載されました
  →「JENESYS2.0でご来店いただいたスリランカ学生御一行様」(2013/6/8)