南アジア

SAARC第3陣(大学生) 2013年6月10日〜6月15日 206名

((プログラム概要))
 SAARC(南アジア地域協力連合)から大学生206名が来日し、東京都のほか、神奈川県川崎市・横浜市、福島県天栄村などを訪れました。訪日団は国別に神奈川・東京グループと福島グループに分かれ、学校交流や文化体験、防災学習、環境型農業の視察を行いました。

 神奈川県と東京都を訪れたモルディブ、ネパール、パキスタン、スリランカの参加者は、古民家で藍染体験をしたり、小学生から昔遊びを教わったりなど、交流を通して伝統文化に触れました。他方、アフガニスタンとバングラデシュ、インドからの参加者は、福島県天栄村を訪れ、伝統的な農村風景や環境調和型農業を視察しました。

saarc3_photo_kanagawa.JPG saarc3_photo_fukushima.JPG
川崎市立日本民家園で藍染体験(神奈川県)
環境調和型農業の視察(福島県)

 参加者は、日本の大都市から農村地域に至るまで、電気や上下水道、交通網といったインフラが等しく整備されていること、さらに自然や環境に配慮されていることに興味を掻き立てられました。

programdetail1.jpg programdetail2.jpg


((関連情報))
 ・福島県天栄村の地域おこし協力隊のブログ「天栄・玉手箱」に掲載されました
  →「JENESYS2.0受け入れ手伝い」(2013/6/12)
 ・天沼小学校のブログ「ようこそ 校長室へ」に掲載されました
  →「パキスタン、ネパール来校①〜④」(2013/6/13)
 ・天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会のウェブサイトに掲載されました。
  →「JENESYS2.0(初日〜5日目・最終日」(2013/6/25)