南アジア

SAARC第5陣(高校生・大学生・日本語学習者)
2014年2月10日〜2月18日 149名

((プログラム概要))
 SAARC(南アジア地域協力連合)からネパールとパキスタンの高校生・大学生・日本語学習者計149名が来日しました。訪日団は国ごとに六つのグループに分かれ、東京都のほか、千葉県、岐阜県、広島県、兵庫県、茨城県、奈良県を訪れました。

 高校生・大学生訪日団は都内プログラムにおいて、秋葉原や浅草等を視察し、サブカルチャーや歴史文化に触れました。また日本語学習者は日本語講座を受講し、滞在中に使える日常会話や「ふるさと」の歌を練習しました。地方プログラムでは、最先端技術や地場産業、歴史的建造物の視察や防災・環境学習のほか、学校交流やホームステイで習字や舞踊、餅つき等を体験し、日本の生活文化について理解を深めました。

saarc5_photo1.png saarc5_photo2.png
カワサキワールドにて
最先端技術視察(兵庫県)
広島工業大学で学校交流(広島県)

 訪日団は滞在中、日本の技術力や伝統文化を保存継承する意識の高さ、また日本人の謙虚さや礼儀正しさ、規律正しさといった振る舞いに感銘を受け、ぜひ見習いたいと言ってくれました。

programdetail1.jpg programdetail2.jpg

((関連情報))
 ・茨城大学人文学部のウェブサイトに関連記事が掲載されました。
  →「パキスタンの大学・高校生23人が人文学部へ」(PDF801KB)