参加者の声

参加者の声

各国訪日団の声(インド)

「最先端技術に見た日本人の几帳面さ」 
◆科学技術・インフラ・ものづくり 第23陣(科学技術・ものづくり・先端技術)

 印象深く覚えていることは、日本人がとても几帳面で、正確さを重視するということです。それは最先端技術の現場によく現れており、放電精密加工研究所を訪問した時に、日本人のそういった精神がよく反映されていると感じました。總持寺の訪問では、インドを起源とする仏教がどのように日本で根付き、普及しているか知ることができました。インドに帰国してから日本の経験をみんなに話したいと思います。また、ホームステイは私の人生の中でもっとも素晴らしい経験でした。特に、日本人がとても親切で力になってくれたことを帰国後伝えたいと思います。日本人はとても気を遣ってくれて、優しく、繊細で、愛すべき人たちです。

「歴史、文化遺産と現代性の融合を東京で発見」 
◆歴史・文化遺産・伝統文化 第15陣

 日本と日本人について最も感動したことは、彼らが歴史、文化遺産と現代性を違和感なく、ひと続きのものとして融合させているところです。明治神宮と原宿(大衆文化、サブカルチャー)がそれで、時代的に大きく隔たりのあるものが隣り合わせに存在しています。日本は人類の新時代における、まさに日出づる国です。

「日本とインドで相互に学ぶべきこと」 
◆青少年日本武道交流

 日本人の時間の正確さ、清潔さ、寛容さは想像よりはるかに素晴らしいものでした。インドは日本から学ぶところがたくさんあり、日本もインドから学ぶところがあると感じました。清潔さは、特に日本から学ぶべき点です。また、日本の環境保護の取組みにとても感銘を受けたので、インドでもぜひ推進していきたいです。そして日本には階級制度がないので、私たちも皆が平等に暮らせる社会を実現させたいと思いました。

「日本は文化先進国」 
◆科学技術・インフラ・ものづくり 第11陣(科学技術・ものづくり・先端技術)

 温かいおもてなしの気持ちなくしては、どんな記憶も忘れ去られるものだというのが私の考えです。1週間の間にこれほど多くの経験ができたこのプログラムは、私の期待を上回るものであり、驚きでした。私が国へ持ち帰りたい一番重要なメッセージは、日本の温かいおもてなしの気持ちです。それは訪問した各地で日本の人から受け取ったものです。この国は先進技術を誇っていますが、それだけではなく、誇りをもって独自の文化を次の世代へ継承しています。佐賀県多久市長と歓送会場でお話しする機会があり、その謙虚な姿勢に感銘を受けました。また青い鳥保育園を訪問して、日本文化が子どもの頃からしっかり個々に定着していることがよく理解できました。来日前は、日本は技術先進国というイメージでした。しかし今は、日本は文化先進国だと思います。日本、そして日本の人たちと将来ずっと繋がりを持っていきたいです。

「日本人の仕事への献身と情熱を感じた」 
◆科学技術・インフラ・ものづくり 第13陣(環境技術)

 日の出ずる国「日本」は、とても美しい国です。そしてその国民はその国以上に美しく素晴らしいと感じました。日本人の親切で優しい国民性が滞在中とても印象的でした。日本人はとてもフレンドリーで、いつも親切に助けてくれました。また、環境保全に対する最新技術や動向にもとても感銘を受けました。日産九州工場では、日本人労働者の仕事への献身や情熱を感じ取ることができ、機械と人間による調和の取れたスムーズな生産体制を見ることができました。こうした努力こそが、日本が高い成長を遂げることができた所以であると考えます。日本は、西洋化・近代化の流れの中でも自身の文化を維持し続けてきており、日本の文化・伝統もとても興味深かったです。「日本!大好きです!」

「伝統と最新技術が美しく調和する生活様式を自国に広めたい」 
◆科学技術・インフラ・ものづくり 第13陣(環境技術)

 日本滞在中は多くの事柄に感銘を受けました。来日直後から日本人の礼儀正しい国民性に感動し、驚きの連続でした。日本は震災からの復興や公害の克服を成し遂げた点で、他国の素晴らしいモデルです。伝統と最新技術が美しく調和する日本の生活様式を、帰国後に自分の家や生活で実践し、できれば国レベルにも広めたいと思います。帰国したら、自国の皆へ日本への訪問を推奨したいです。

「地球を大切にする心を育てる日本の教育」 
◆科学技術・インフラ・ものづくり 第15陣(科学技術・ものづくり・先端技術)

 最も印象に残ったことは、日本では子どもを小さい頃から教育する中で、環境保護と環境問題への責任感を持つことを教えている、ということです。私達のような緑の少ない大都市に住む者とは違い、日本の子ども達は環境やリサイクルに気を配り、また母なる自然と直接かかわりを持ち、その大切さを幼い頃から学んでいます。このような教育が、地球を大切にする心を育て、且つ持続可能な環境作りに寄与することができるのだと気付かされました。

「日本を知れば知るほど興味がわいてきた」 
◆青少年バドミントン交流

 日本は美しく、可能性のある国でした。文化、人々、技術など、色々な部分を知れば知るほど興味がわいてきました。遺産と清潔さが保たれている点も素晴らしいと思いました。また、日本人は皆、親切で、私達のことを、まるで自分のことのように扱ってくれました。帰国後は、周囲の友人や家族に、日本の文化や日本人について話したいと思います。ぜひもう一度日本を訪れたいと思います。

「ホストファミリーとの信頼感と愛情に結ばれて」
◆日本語 第2陣

 先生からよく「日本と日本人はとても進んでいる」と聞かされていました。来日後、改めて、技術のみならず日本人が先進的でとてもオープンなことを知りました。また先進的でいながら、文化や伝統を守っていることも非常に素晴らしいと思いました。ホームステイでの温かさは、まるで自分の家族といるような気持ちにしてくれました。日本のお母さんとお父さんは、私をとても可愛がってくれました。遠くまで足を延ばし、冗談を言い合い、三度の食事を共にしました。挑戦したかった日本の料理をすべてご馳走してくれました。たった2日間の交流でしたが、私たちの間に結ばれた信頼感と愛情を表現する言葉が見つかりません。日本での経験、ホームステイ、出会った皆さんのことは決して忘れません。

「子どもの育て方から見えた日本の強み」 
◆日本語 第2陣

 礼儀正しさ、効率性、豊かな文化遺産は、私が日本で感銘を受けたたくさんのことの一部です。中でも最も素晴らしく、最も印象的だったことは、子どもの育て方です。例えば、学校制度、学校での活動、そして子どもたちがどのように効率性、礼儀正しさ、清潔さ等を教えられるかです。広戸小学校の運動会に参加したとき、運動会が終わった後、低学年の小さな児童でさえ自分の椅子を校庭から校舎へ運んでいるのを見ました。些細なことですが、このようにして、小さい頃から責任感を教わるのだと思いました。これこそが多くの災害や困難に見舞われながらも、立ち直り、他の国を凌駕し続けている日本の秘けつの一つなのだと思いました。

「日本の社会の前向きな姿勢に感銘を受けた」 
◆日本語 第2陣

 私にとっての日本は、何をするにも秩序を重んじ、礼儀正しく、寛容な人々の住む理想的で夢のような国です。最も印象的だったのは日本人の仕事に対しての誠実さです。その誠実さが、日本人の時間を厳守するという慣習を作ったのだと思います。私は日本の社会の前向きな姿勢に感銘を受けました。あのような大災害を被ったにも関わらず、復興への歩みにむけて奮闘が続いています。自然災害は、いつ何時世界のどこにでも起きるものです。日本人が津波や地震の後遺症に直面した際にとった態度は立派でした。日本が他の国々とは違うのは、そういった日本の対応によるものだと思いました。

「進んだ日本社会と地方文化に触れて」 
◆日本語 第2陣 

 このプログラムを通して日本を訪問し、本当に素晴らしい経験ができました。日本語を学習する学生として、日頃から日本を訪れ、その豊かな文化を経験したいと思っていました。JENESYS2.0は日本を経験するのに最適の足がかりでした。プログラムは短いものでしたが、東京や横浜で進んだ日本社会の様々な部分を垣間見ましたし、福島県天栄村のホームステイでは日本の地方文化に触れることもできました。その美しい緑と学校訪問は決して忘れることができないでしょう。

「日本の文化に直接触れて」 
◆日本語 第3陣

 最も印象的だったのは日本人の時間を守る習慣、人を思いやる心、緑豊かな自然、規律を守る習慣、そしてごみを散らかさず、環境をきれいにしておく習慣です。日本人は決して時間に遅れません。彼らはいつも集合時間の5分前にはその場所に来ています。また、日本人はとても親切です。私たちが何か尋ねると仕事の手を止めて助けてくれます。日本の緑豊かな環境についても帰国したら是非皆に伝えたいです。最後に、日本の方々から手厚くもてなしていただき、本当に感謝しています。ホームステイ先では私たちはまるで家族の一員のように感じることができました。本当に優しい方たちでした。日本政府のおかげで日本の文化に直に触れることができました。この素晴らしい日本での経験を是非、皆に話したいと思っています。

「日本という素晴らしい国への見方を広げて」 
◆日本語 第3陣

 日本の文化や技術は、私の心に大いに焼き付けられました。また日本人の謙虚さや誠実さ、そして何より時間厳守の精神が大切だと分かりました。訪問した群馬県は大自然に恵まれており、その清らかさにより心が満たされ、日本語や日本について知りたいという意欲が湧きました。日本のさまざまな料理はインドの味付けと異なりますが、ヘルシーでした。日本人の清潔に保つ意識や、勤勉さは私たちに魅力的でした。私は必ず日本での私の経験を友人や家族に伝えたいと思います。そうすればみんな日本という素晴らしい国への見方が広く、ポジティブなものに変わると思います。

「帰国後は日本、日本人及び日本文化への理解を向上させたい」 
◆日本語 第3陣

 日本人は洗練されていると同時に飾り気のない人たちです。時間厳守、優しさ、気づかい、敬意を払うところ等は、もてなしに厚い日本人の美徳です。上辺だけの装いはまるでなく、あらゆる人を受け入れてくれます。このような日本人の資質によって、日本人に対する尊敬の念が深まりました。心を込めて、日本に関する気づきを友人や親戚に伝え、彼らに訪日を勧めるつもりです。そうすることで、日本、日本人及び日本文化に対するインド人の理解を向上させることができ、また少なくとも向上させようと努力することができると思うからです。

「日本人の誠実さ、謙虚さ、協調性に感銘を受けて」
◆SAARC第2陣(高校生)

 日本人の誠実さ、謙虚さ、協調性にとても感銘を受けました。自分たちの個性を保ち続けながら、異文化も受け入れています。道路は清潔で維持管理が行き届いており、たくさんの緑があり、景色が絵のように美しいです。 困難に直面しても常に前向きに取り組む姿勢は、私が是非とも帰国後に見習いたい点です。友人や家族に、日本人の謙虚さ、礼儀正しさ、善良さを見習うよう、伝えていきたいです。日本人の様々な行い、生活や自然への態度は、帰国後、周りの人々と共有していくつもりです。