参加者の声

参加者の声

各国訪日団の声(韓国)

「言葉が通じなくても心は通じる」 
◆アジア国際子ども映画祭2013

 同年代の日本の高校生と話をしたり、一緒に写真を撮ったりしたときに、言葉はあまり通じなくても心は通じると感じました。南あわじ市の実業高等学校を訪問中、柔道や剣道部の研修を見学したことがとても印象に残っています。また人形浄瑠璃を観たり、茶道の体験をしたことにより、日本人の日本の伝統をとても大切に重んじ、しっかり受け継いでいこうという姿勢をより強く感じました。韓国が日本に絶対学んでほしい点でもあります。またアジア国際子ども映画祭では移動中にほかの国の子どもたちと親しくなることができました。参加者全員が集まって話をする機会があればもっとたくさんの友達ができたと思います。このプログラムに参加し、大変いい経験ができたことをとてもうれしく思います。

「韓国と日本が最も近い国になるように」 
◆韓国高校生訪日団2013

 とにもかくにもホームステイが一番印象的でした。本当に驚くほどホストファミリーの方が親切に接してくださり、店で買って食べた日本の食べ物よりも、ホームステイの家庭で食べた家庭料理がずっと美味しかったです。最近の韓国と日本の関係とは関係なく、ホストファミリーの方とは人と人の心の交流ができてとてもうれしかったです。他の国とは比較できないくらい、物理的にも文化的にも近いだけに、韓国と日本の関係をお互いが努力して、心理的にも最も近い国にできればいいなと思います。また、日ごろ抱いていた日本人に対する偏見や、それに準じるようなことが変わる良い機会だったと思いますし、ホストファミリーの方々や、交流した多くの日本の高校生も、韓国に対して良い思い出をもってくださることを願っています。

「日本の印象が180度ひっくり返った」 
◆韓国高校生訪日団2013

 私は日本に対してそれほど肯定的な印象をもった人間ではありませんでした。しかしこの度の訪日を通じて、私の認識は180度ひっくり返りました。日本の方々は本当に親切で、私たちが滞在中不便を感じないようにずっと尽くしてくれていたのが分かりました。本当に楽しく、内容の充実した時間を過ごし、一週間が2日間のように感じるくらいでした。日本の文化に接することができる機会もとても貴重でした。日本人はとても礼儀正しく、心が繊細だという印象も強く心に残りました。韓国では日本に対して否定的な認識をもっている人が多いですが、そのような人にこのプログラムを勧めたいです。

「本で学んだ日本を実際に体験して」 
◆韓国高校生訪日団2013

 今回の訪日で、日本の生活にどっぷり浸かりました。本で学んだ雪祭りや茶道、浴衣など様々な経験をすることができ、とても良かったです。また日本人との交流は日本の学校の様子を知る貴重なきっかけにもなりました。  中でも印象深かったことはホームステイで、日本をより深く知ることができました。神道と仏教が融合した信仰形態、客人をもてなす心遣い、食事の作法、日本の食べ物、家屋の構造など、本で簡単に学んだことしかなかったことを実際に体験したことは、とても意味深いことでした。
この訪問では日本について新しいことを知っただけでなく、「新潟」という新たな地域を知る機会となり、本当に感謝しております。次回の訪日時にも新潟を訪れ、今回知り合った方々と是非会いたいと思います。また今回訪れたところにも是非もう一度、訪れてみたく思います。今回学んだ日本に対する深くて良い知識・経験を大切にしていきます。