参加者の声

参加者の声

各国訪日団の声(ミャンマー)

「伝統的な精神を基に様々な分野で発展した日本」 
◆青少年日本武道交流

 日本は昔からある茶道、華道、武道など、伝統的な精神を基にして発展し、努力していることに気づきました。全ての日本人が親しく接してくれて、相手を尊重する意味でお互いに、そして私たちにもお辞儀をしてくれました。また、日本の家族は、私たちを、本当の家族と同じように接してくれ、おもてなしの心で気を配ってくれるということを、実際に体験しました。このような点を自分の国に帰ってから、多くの人たちに伝えていきたいと思います。

「子どもへの躾や教育が行き届いた日本に感心」 
◆日本語 第10陣

 子供達のお行儀や食事の作法に目が止まりました。日本の子供達は何事にも探究心を持って調べて、自分の意思で行動する力があります。日本政府も子供達の能力を引き出すため幼児から教育に対する取り組みをしていて、これらは我が国でも真似ると良いのではないかと思いました。日本の親は自分の子供への配慮が行き届いており、子供のことを良く理解しているのが分かりました。また、学校や大学が近代的で、実験室や設備が整っていることに大変驚きました。そして近代的でありながらも伝統文化を保持している事にも驚きました。

「日本人は心のきれいな人だと確信した」 
◆歴史・文化遺産・伝統文化 第1陣

 日本に来て最初に気づいたのは、自然環境と気候でした。大変寒かったですが、住めないほどの寒さではなく、空気も澄んでいました。日本人は動きが機敏でよく働きます。建物や生活用品を見て、日本人の綿密さに気付きました。東京の高層ビル群は紙パックを並べたようにきちんと整列されていることが、東京タワー展望台から見えました。 また、日本人はおもてなしを何より大切にすることを宿泊ホテルや、ホームステイ先でご馳走していただいたときに感じました。食べきれないほど提供され驚きましたが、無駄なく食べるのが習わしになっているようです。日本人は洋服に関しても派手な色を好まず、移動するときも自分の足でよく歩くので、勤勉であると改めて感心ました。海外からの人々と接するときも、家族のように親切にあたたかく歓迎してくれるので、日本人は心のきれいな人々であると確信しました。

「機敏で、仕事が速く、規則正しい日本人は見習うべき姿」 
◆歴史・文化遺産・伝統文化 第1陣

 日本人学生の発表がすばらしかったです。特に、震災に遭遇した子どもたちの心のケア、まだ幼く、小さな体で受けた恐ろしい震災被害による子どもたちの発育への影響を減らすこと、更には優秀な子どもとして生活を送れるよう精神面のサポートを行う活動に学生が参加していたことを尊敬します。 また、日本の蔵は土壁を使用していることに驚く反面、すばらしい建築技術であると思いました。自然の雪を利用している雪貯蔵庫を視察し、無駄なく活用する習慣、技術は見習うべきだと思いました。 電車に乗降するホームで規則正しく乗降できるよう線が引いてあることにも気がつきました。日本人が規則正しいということは有名で以前から知っていましたが、駅のホームで見た線の例でも分かるように、きちんとルール作りがなされていて、そのルールが浸透しているのだと感心しました。自分の家族と離れている日本で、行きたいところ、食べたいもの、やりたいことなどの願いを叶えてくれた優しい家族とのホームステイは忘れられない思い出です。また、雪体験もその中の一つです。 食べる動作一つをとっても機敏で、仕事も速く、規則正しい日本人の姿が私の人生にとって見習うべき姿となり、一生忘れずに心の中に焼きついていくことでしょう。

「日本は開発途上国が手本にすべき国」 
◆歴史・文化遺産・伝統文化 第3陣(若手アーティスト)

 私が来日前に日本について思っていたことと、実際に見た日本は大きく異なっていました。日本の皆さんは親切で思いやりがあり、規則正しく、自分の文化を大切に保護していることを知りました。ホームステイでは、日本人の精神を強く感じました。例えば、言葉が違っても嫌な顔をせず、私たちのためにいろいろ考えてくれました。帰国後は、日本人の精神、規則正しさを周りの人に伝えたいと思います。できれば日本にまた来たいです。日本は芸術、文化、科学技術、工業学が大変盛んです。生活が便利で快適になるように、先進科学技術・工業学を活用しています。開発途上国が手本にすべき国だと言えます。

「日本で知り得た芸術的知識を生かして」 
◆歴史・文化遺産・伝統文化 第10陣(少数民族青年交流)

 今回の訪日で学んだことは数えきれないほどあります。日本人の習慣、秩序正しい生活、時間厳守、環境を大切にしていること、食事も安全であること、日常用品についても様々なものを作っていること等を学びました。建物を建てる時も安全第一を考えています。白馬村の訪問は、緑豊かな山々を目にして大変癒されました。江戸東京博物館の訪問では、レプリカ等の展示はとても芸術的で非常に繊細でした。ミャンマーに帰国したら、今回の訪日で知り得た芸術的知識だけでなく、今後のためにも、より多くの芸術遺産を大切に掘り出して博物館などで展示できるよう働きかけたいと思います。

「日本人の慣習、秩序、規則等を自国の発展のために伝えたい」 
◆歴史・文化遺産・伝統文化 第10陣(少数民族青年交流)

 日本は本当にきれいな国でした。人々は時間通りに行動して規律正しいことを学びました。長野県白馬村の議会を訪問させていただき、国民を守るための規則がきちんと議論、整備されていることを知りました。近代的な生活スタイルが存在し、また文化遺産等も大切に保存されていて、コントラストが非常に興味深かったです。また、ホストファミリーから温かいもてなしを受け、私たちはとても幸せで安心な時間を過ごすことができました。 帰国したら、写真やブログなどを通して、美しい自然、優しくて温かみのある日本人の慣習、真似すべき秩序や法則、尊敬すべきマインド等を私たちミャンマー人に知ってもらう、見てもらう、考えてもらえるように、また、ミャンマーを現在よりもっと発展するために、できるだけサポートしたいと思います。

「日本人や日本の暮らしぶりに感動」 
◆歴史・文化遺産・伝統文化 第10陣(少数民族青年交流)

 日本人の時間を守ること、細かいところまで気を抜かないこと、日本のハイテクなトイレ及びセンサーシステム、都内及び地方へ行っても道路がきれいに整備されていることに感動しました。

「帰国後は日本のことを伝え広めていきたい」 
◆科学技術・インフラ・ものづくり 第1陣(科学技術・ものづくり・先端技術)

  日本に来て、日本人はお互いを尊敬し合っていること、愛国心があり、お互いに温かく挨拶することなどを実感しました。そして、最先端の技術を国の発展のために利用していることを知りました。ホームステイの時は思っていたような困難もなく、楽しく過ごすことができました。ホストファミリーと坂城町の皆さんも暖かく迎えてくださり、友達も増えました。日本は交通面や住宅なども整っています。長野県は美しく雪化粧した山脈もあります。大きな町ではありませんが、美しくて魅力のある千曲市と坂城町が気に入りました。  帰国後は、家族や友人、同級生だけではなく、ミャンマー国民にもできるだけ以下の内容を広めて行きたいです。   ・日本人が規則正しいこと、時間を守ること、相手を優先すること   ・障害者に親切で丁寧に対応すること   ・リサイクルシステムを重視すること   ・自分のために相手を困らせないこと、時間を大切にし、自分の責任を果たすこと   ・交通ルールを守っているため交通事故がめったにないこと   ・電気を無駄に使用しないこと   ・健康と命の安全に関する備えをあらゆるところに備えていること   ・食べ物が無駄にならないよう工夫して食べること   ・日本のホテルの多くには日本の伝統的な浴衣が置かれていること   ・大学の研究室には研究用機器が完備されていること

「日本から真似るべきことを、できることから薦めたい」 
◆科学技術・インフラ・ものづくり 第4陣(服飾デザイン)

 来日して初めて、いままでまったく知らなかった日本についてたくさん知ることができました。まず初めに、日本人の心の温かさ、我慢強さ、時間を守ることやルールに従うこと、そしてお互い尊重し合うこと等、日本は本当に先進国であって、立派な国でもあることを知り、とても驚きました。また、日本人の粘り強さや、何ごとにも常に責任を持つことにも気がつきました。さらに、寒い季節や地震などが繰り返し起きているにも関わらず、平和で豊かな国であり続けるということに一番驚き、感心しました。帰国後には、お互い尊重し合うことや時間を守ることを、友達や家族、そして知り合い、できれば市村町まで伝えていきます。日本から真似るべきことを、できることから真似るよう薦めていきます。

「環境技術について学んだことを自国に広めたい」 
◆科学技術・インフラ・ものづくり 第14陣(環境技術)

 このプログラムを通して日本の環境技術の最先端を勉強できました。日本はかつて急速に進んだ経済成長に伴い、東京などの大都市では緑が少なくなってしまいましたが、その後緑を取り戻す為、今では高層ビルの屋上に公園を作るなどの努力をし、再び緑が増えて来ています。他にも、汚水を処理して再利用する技術、きちんと分別されて集められたゴミを工場で処理する技術など、ミャンマーの国民にもこのような日本の環境問題に配慮して取り組む姿勢や技術に学ぶように、自国に戻ったら勧めたいです。

「日本の都市計画や住宅から学んだことを自国にも」 
◆科学技術・インフラ・ものづくり 第17陣(都市工学・都市計画)

 日本は都市計画の点で、体系的で素晴らしい制度が確立されています。住宅は効率的な土地利用が進み、コンパクトで最新の耐震技術を使っています。私たちも自国でこのような家を作っていきたいと思いました。チャンスがあればまた日本に来て、建築におけるフレーム・インの技術について学びたいです。