Q&A

よくあるご質問

プログラムについて

faq1.jpg
日本政府が実施する青少年交流事業です。海外の学生が来日して日本を学ぶ「招へいプログラム」と、日本の学生が海外で我が国の魅力を発信する「派遣プログラム」があります。

招へいプログラムでは海外の学生が日本の最先端技術やポップカルチャー、地域産業などの視察をするほか、伝統芸能文化体験、学校交流、ホームステイを通じて、日本を理解します。派遣プログラムでは日本の学生が現地の学生と交流しながら日本や地域の良さを伝えます。
faq2.jpg
招へいプログラムではアジアや大洋州、北米地域の中学生、高校生、大学生等が、各国・地域で選考されます。それぞれの国・地域の将来を担う若者が、日本への関心や興味、プログラムへの大きな期待を胸に来日します。
faq3.jpg
招へいプログラムは東京のほか、北海道から沖縄まで全国で行われます。参加者はまず都内でオリエンテーションをしたあと、グループごとに日本各地の市町村に分かれます。地方プログラム(4〜5日間)では地域の魅力を見たり、学校交流やホームステイで日本の暮らしを学んだりします。そして都内に戻って報告会を実施したあと、各国・地域へ帰国します。
faq4.jpg
プログラムへの参加募集については、募集案内のページでお知らせします。
faq5.jpg
国・地域ごとの情報は「招へい・派遣プログラム」のページで順次、ご紹介します。