• トップ
  • はじめての方へ
  • キズナとは?
  • プログラムページ
  • 募集・Q&A
トップ > プログラムページ > 北米諸国 > アメリカ > 招聘 > ・体験談:アメリカ第2陣(高校生)茨城グループ
 
プログラムページ
 

北米諸国

ASEAN諸国

SAARC諸国

その他アジア諸国・地域

大洋州・太平洋島嶼国・地域

その他

 

招聘

・体験談:アメリカ第2陣(高校生)茨城グループ

1.「絶対にあきらめない」日本人の強い信念を感じた
 アメリカのニュースで、津波が家屋などを破壊していく様子を見ました。今回、報道では滅多に触れられることのない、被災地の復興に向けた努力について知ることができました。茨城の方々がいかに隣人、友人、家族や同僚と助け合いながら、建物の再建などを行っているかがわかり、過酷な状況下にあってなお強く生きようとする彼らの姿に感動しました。
 帰国後、家族や友人に、日本はまさに再生しつつあると伝えたいと思います。そしてそれは、世界中から差し出された多くの援助もさることながら、何より「絶対にあきらめない」日本人の強い信念によるものだということも。
 東日本大震災の真実と、恐ろしい津波の破壊力について教えてくれた茨城に感謝しています。再度訪問し、何か役に立てればと願います。とても素晴らしい時間を過ごすことができました。

2.復興のその先にある栄光をつかんでほしい
 被災地を訪れて、東日本大震災がいかに甚大な被害を及ぼしたのか、よく分かりました。
 海岸清掃を通じて、復興のお手伝いができたことを誇りに思います。はじめは、いくらやってもきりがないのではないかと気が進まなかったのですが、清掃が終わってきれいになった海岸を見て、希望を感じました。決して完璧ではなく、まだまだやらなければならない作業は残っていましたが、忍耐強く一生懸命清掃したことで確かに海岸はきれいになっていたのです。
 日本の復興についても、同じことがいえるのではないでしょうか。今はまだ前途多難で、永遠に続くのではないかと思えてしまうほど、やらなければならないことはたくさんあるかもしれません。それでも、日本がこれまで歩んできた道のりを信じ、立ち止まることなく、復興のその先にある栄光をつかんでほしいと思います。
 震災というあまりにも悲惨な状況に直面しながら、日本人は強くそして前向きです。高齢者福祉施設で出会ったお年寄りの皆さんも、復興に希望と自信を持っていました。それは、彼らの国が偉大であることを物語っていると思います。
 どんなに大きな地震や津波も、いかなる自然災害であろうと、日本人の気高き精神と忍耐強さ、そして固い結束を揺るがすことはできないと確信しました。

3.日本に関する風評を打ち消したい
 北茨城で震災被害と復興に関する講義を聞き、この町では震災の際いち早く警告を発したり、被災三日後には復旧活動を始めたことなどを知り、人々の強さに驚きました。
 日本の人々は、震災後すぐに力を合わせて協力し、迷うことなく再出発したと聞いて素晴らしいと思いました。私の国ではできなかったことです。
 帰国後は、日本とその現状に関する風評を打ち消したいと思います。
 日本はとても居心地がよく、美しい国です。人々も温厚で、誰に対しても親切でした。

 

その他、同プログラムの情報についてはこちらから