• トップ
  • はじめての方へ
  • キズナとは?
  • プログラムページ
  • 募集・Q&A
トップ > プログラムページ > 北米諸国 > アメリカ > 招聘 > ・体験談:アメリカ第1陣(高校生)茨城グループ
 
プログラムページ
 

北米諸国

ASEAN諸国

SAARC諸国

その他アジア諸国・地域

大洋州・太平洋島嶼国・地域

その他

 

招聘

・体験談:アメリカ第1陣(高校生)茨城グループ

1.直接被災地を見て被災者の方の話を聞き、多くのことが伝わってきた
 震災や復興に関する統計的な数字も確かに参考となりましたが、被害の大きさを実感したのは、やはり大津漁港を訪ねた時でした。
 地面が大きく裂けているのを見て非常に衝撃を受けました。被害の状況を自分の目で見たり、被災者である漁師の方から津波や地震の経験を直接聞いたりしたことで、どんな講義よりも多くのことが伝わってきました。
 日本の皆さんが、震災直後から復興に向け、力強くそして迅速に活動している姿に感動しました。

2.国に帰ったら、茨城の多くの地域が全く安全だと伝えたい
 被災地で一番心に残ったのは、復興のスピードと日本人の強さです。とても感動しました。
 同時に被災者の方の話に、胸が張り裂ける想いがしました。
 国に帰って皆に伝えたいのは、日立、水戸、北茨城そしてその周辺地域の多くは、全く安全だということです。どこもとても美しいところなのに、住民にとって重要な産業が風評被害によって大きな打撃を受けているのはとても悲しいことです。

3.被災者の方から聞いた話は永遠に私の心に残る
 被災地を訪れて最も心を打たれたのは、震災を直接経験した方の話を聞けたことです。特に、漁師の方が話してくださった、人が津波で流され亡くなるのを目の前で目撃した話には、胸が張り裂けそうでした。
 アメリカに帰ったら、日本の現状や復興に向けた努力の様子を伝えたいと思います。被災者の方から聞いた話は永遠に私の心に残ると思います。このような話や日本人の強さを、私の国の人たちに伝えていきます。

 

その他、同プログラムの情報についてはこちらから