• トップ
  • はじめての方へ
  • キズナとは?
  • プログラムページ
  • 募集・Q&A
トップ > プログラムページ > 北米諸国 > アメリカ > 招聘 > ・体験談:アメリカ第1陣(高校生)岩手グループ
 
プログラムページ
 

北米諸国

ASEAN諸国

SAARC諸国

その他アジア諸国・地域

大洋州・太平洋島嶼国・地域

その他

 

招聘

・体験談:アメリカ第1陣(高校生)岩手グループ

1.日米両国のより緊密な関係構築を願う
 あの大震災で起きた出来事を聞き、被災者の方々の想いを知って心を打たれました。彼らがしてきた経験は、私の想像をはるかに超えるものでしたが、皆さんは本当に強く、そして希望を持ち続けていると感じました。
 今回、皆さんが必要としていることを何かしらお手伝いできたのならば、私はそれを誇りに思います。そしてこの災害を契機に、日米両国がより緊密な関係を築いていくことを切に願っています。
 今回のプログラムで多くの知識を得ることができ、また、とても楽しい時間を過ごすことができました。帰国後、必ずこの経験を語り、共有していきます。

2.できればすぐにボランティアとしてまた来日したい
 久慈市の人々がとても親切で、感銘を受けました。できるなら、数億円を市の復興に寄付したいくらいです。
 自国アメリカの人々が、世界で起きている出来事に注意を払い、より関心をもってほしいと願うばかりです。
 久慈市のことを自国の友人や家族に伝えます。日本はまさに注目すべき国であり、またこの地に戻ってきたいと思います。日本語を、他の言語同様に、流暢に話せるようになりたいです。
 支援が必要な人々に手を差し伸べるのは、自然なことです。また、できればすぐに、今回のような形でボランティアとして来日したいと思います。

3.被災地を自分の目で見て、初めて地震と津波の本当の恐ろしさを理解
 被災地を自分の目で見て、初めて地震と津波の本当の恐ろしさを理解しました。地面に散らばった人形やおもちゃにショックを受け、(破壊された)線路の下に挟まれた毛布を見て、泣きそうになりました。
 アメリカの人々にこの災害のことと、日本の人々が生活を取り戻すために努力していることを伝えます。
 この機会を与えてくれたキズナ・プロジェクトとお会いした人々に感謝します。ありがとうございました。

 

その他、同プログラムの情報についてはこちらから