• トップ
  • はじめての方へ
  • キズナとは?
  • プログラムページ
  • 募集・Q&A
トップ > プログラムページ > 北米諸国 > アメリカ > 招聘 > ・体験談:アメリカ第3陣(高校生)岩手グループ
 
プログラムページ
 

北米諸国

ASEAN諸国

SAARC諸国

その他アジア諸国・地域

大洋州・太平洋島嶼国・地域

その他

 

招聘

・体験談:アメリカ第3陣(高校生)岩手グループ

1.自然災害から身を守り、助けを必要としている人には手を差し伸べるよう伝えたい
 日本で起きたことを、聞いたり見たりして胸が張り裂けそうな気持になりました。
 たくさんの人たちが、家族、友人、家などの多くのものを失いました。私には被災者の方の痛みを分かち合うことはできないし、この災害が地元の人々にどれほどの影響を及ぼしたかを想像することができません。彼らにとってそれはどんなに恐ろしい経験だったでしょう。最近私は猫をなくしとても悲しい気持ちになりました。しかし、津波の被災者の方々がどんなに耐えているかを考えれば、とても弱音を吐く気持ちにはなりません。
 国に帰ったら、自分たちの日常に感謝し幸せを感じるように、そして人々の間の絆を築くようにと皆に伝えたいと思います。
 どんなことも当たり前と思ってはいけないのです。すべての命は最後まで尊ばれるべきです。そして、自然災害から身を守り、助けを必要としている人には手を差し伸べるよう伝えたいと思います。日本人のために合掌したいと思います。そして彼らの事はいつまでも忘れません。

2.日本人の生きていくという決意を感じ取ることができた
 被災地を訪問して最も衝撃を受けたのは、すべての物があらぬところにあったということです。建物の中に車があったり、ボートが丘の上に乗り上げていたり、人々が家から押し出されていたり。特に市役所の建物を見た時のショックはとても大きいものでした。つぶれた車が建物の中に残され、祭壇が正面に設置され、亡くなった方の遺体が見つかった場所にXの印がついているという説明を受けました。
 アメリカに帰ったら、以前より災害のための準備が行き届いていたこと、そして震災後の早めの対応が功を奏し、日本人は質の高い生活を維持することができていると伝えたいと思います。商売は活気を取り戻し、仮設住宅が建てられ、新しい建物が建設されている現場を見ました。そして日本人の生きていくという決意を感じ取ることができました。アメリカがこの災害に対し、できる限りの支援ができることを期待します。

3.日本人の希望、精神力、そしてまた良い時代が来るように前向きに生きようとする
意欲を伝えたい

 今回あまりにもたくさんの事に心を打たれましたので、母国に帰りその中から1つだけを選んで伝えるということは大変難しいです。もし、あえて1つだけ選ぶとすれば、被災地を後にしたときの感情でしょう。
 悲しみと痛みだけではなく、人々が希望をもとうとしていました。被災地の近くに住む人たちは、彼らを襲った恐ろしい災害の中で、何か希望の象徴を見つけようとしています。津波に負けず、最後に一本だけ残った松の木、(阪神大震災の希望の灯から分灯された)希望の灯の中に何かを見出だし、決して負けまいとしているのです。このような思いを国に帰ったら伝えたいと思います。希望、精神力、そしてまた良い時代が来るように前向きに生きようとする意欲を伝えたいと思います。

 

その他、同プログラムの情報についてはこちらから