• トップ
  • はじめての方へ
  • キズナとは?
  • プログラムページ
  • 募集・Q&A
トップ > プログラムページ > その他 > 招聘 > ○JICEによる被災地訪問プログラム:
(長期)ASEAN混成訪日団 28名
(ASEAN諸国・インド・東ティモール・オーストラリア)
 
プログラムページ
 

北米諸国

ASEAN諸国

SAARC諸国

その他アジア諸国・地域

大洋州・太平洋島嶼国・地域

その他

 

招聘

○JICEによる被災地訪問プログラム:
(長期)ASEAN混成訪日団 28名
(ASEAN諸国・インド・東ティモール・オーストラリア)

*被災地訪問以外の日程については、他団体により実施

((参加国内訳))
  ASEAN諸国:
    ブルネイ/2名  ・カンボジア/2名 ・インドネシア/3名 ・ラオス/1名
    マレーシア/2名 ・ミャンマー/3名 ・フィリピン/2名   ・タイ/2名 ・ベトナム/3名
  SAARC諸国:
    インド/2名
  その他アジア諸国・地域:
    東ティモール/4名
  大洋州・太平洋島嶼国・地域:
    オーストラリア/2名

 被災地訪問プログラムでは、特定被災区域である福島県天栄村を3回にわたり訪問します。同村は、2011年3月の東日本大震災によって多くの家屋や公共施設、田畑、ライフラインを失うなど甚大な被害に見舞われました。有数の米所でありながら、同震災時に発生した福島第一原発事故による風評被害に苦しんでいます。
 訪日団は、地元農家の方にご協力いただき、第1回訪問では農作物の植え付け、第2回訪問時は経過観察、第3回訪問時に収穫、調理、食事会を行うことで、天栄村の農作物の安全性と、それを守る村の方々の想いを学びます。

((第1回プログラム概要 : 2012年9月18日〜21日))
 訪日団は、原子力発電所事故後から始まった役場と農家の取り組みを映したDVDを鑑賞し、担当者から説明を受けて放射能対策、風評被害対策への理解を深めました。そして、実際に畑で生産された農作物を代表者が収穫、線量測定器で放射線量を計測し、ND(不検出)であることを確認しました。
 訪問第1回目となる今回は、農作物(大根・白菜・水菜・青梗菜・ブロッコリー)の植え付けを行いました。

 (日程表 / 写真 / 訪日団体験談

((第1回プログラムニュース))
天栄村の「広報 てんえい」No.546(2012年10月)に掲載されました。(P.8)
((第2回プログラム概要 : 2012年10月22日〜25日))
 訪日団は、前回訪問時に植えつけた農作物の手入れをするとともに、普段それらの面倒を見てくれている地元農家の人々と交流することで、食の安全に対する思いや工夫について学びました。
 また、震災直後から現在に至るまでの各国における震災報道の内容と、それにより自分たちが抱いていた「被災地福島」のイメージ、そして、来日後にそれがどのように変化したかなどを地元の人々と共有、意見交換を行いました。
 その後、新しい風評被害払拭方法のアイデアを模索し、天栄村の野菜を使った各国料理レシピを作成しました。

 (日程表 / 写真 / 訪日団体験談

((第2回プログラムニュース))
天栄・湯本「でどやま」通信に掲載されました。(11/3)
・天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会のブログに掲載されました。
キズナ強化プロジェクト報告⑪(10/30)

((第3回プログラム概要 : 2012年11月20日〜23日))
 第1回プログラムで植え付け、2回目の訪問で経過観察を行った農作物の収穫と線量測定を行い、天栄村で安全な作物が育てられていることを確認しました。
 被災地に関する正しい知識をもつことの重要性と、風評被害の恐ろしさについて学んだ訪日団は、天栄村の安全性を広めるために以下のような発信ツールを作成しました。

(発信ツール)
* 以下「訪日団による解説文」は英語・日本語併記となっています。
 ・風評払拭に有効なPRムービー

Aグループ ムービー(訪日団による解説文はこちらから


Bグループ ムービー(訪日団による解説文はこちらから


 ・プログラム内容詳細や写真等をまとめた状況報告書
(Aグループ: 報告書  / 訪日団による解説文)
(Bグループ: 報告書  / 訪日団による解説文)
 ・応援ソング
 / 歌詞 / 訪日団による解説文

 ・天栄村の三大作物(ヤーコン・米・ネギ)を題材としたマスコットキャラクター

mascot20121205250.jpg


recipeJ20130124J1_3.jpg

 また、第2回プログラムで作成した「天栄村の野菜を使った各国料理レシピ」に基づき、国毎に料理を作りました。
こちらからご覧いただけます。)



 プログラムの最後に訪日団は、受け入れてくださった天栄村への御礼として、自分達のメッセージを書いた紙と共に、一言応援メッセージを残しました。(以下よりご覧いただけます。)

   

 上記動画は、天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会のブログにも掲載されました。
 → 訪日団より天栄村の方々へのメッセージ(12/19)

 訪日団は全員「天栄村応援大使」に任命され(任命状、IDカード、名刺が授与されました。)「天栄村を世界に発信し続けよう!」と決意を新たにしていました。

 (日程表 / 写真 / 訪日団体験談

((第3回プログラムニュース))
外務省ウェブサイトに掲載されました。(12/3)
・天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会のブログに掲載されました。
キズナ強化プロジェクト報告⑫(11/27)
訪日団より天栄村の方々へのメッセージ(12/19)

((帰国後発信報告)) → 帰国後発信報告とは?

その他JICE関連の複数国混成訪日団招聘プログラムについてはこちらから