• トップ
  • はじめての方へ
  • キズナとは?
  • プログラムページ
  • 募集・Q&A
トップ > プログラムページ > その他 > 招聘 > ○JICEによる被災地訪問プログラム:
太平洋島嶼国学生訪日団B 2012年10月15日〜18日 45名
 
プログラムページ
 

北米諸国

ASEAN諸国

SAARC諸国

その他アジア諸国・地域

大洋州・太平洋島嶼国・地域

その他

 

招聘

○JICEによる被災地訪問プログラム:
太平洋島嶼国学生訪日団B 2012年10月15日〜18日 45名

*被災地訪問以外の日程については、他団体により実施

((参加国内訳))
   パラオ/22名  ・バヌアツ/23名

((プログラム概要))
 被災地訪問プログラムでは、特定被災区域である岩手県久慈市を訪問しました。
 同市は、2011年3月の東日本大震災による津波で、小袖海岸の新築の海女センターが全壊したほか、住宅の全壊・一部損壊、浸水の被害が出ました。
 訪日団は、被災地を走る三陸鉄道に乗車し、車窓から震災状況を見学しながら、車内放送による案内を受けました。線路や駅舎などに甚大な被害を受けながらも、震災2日後には「動かせるところから動かす」との決意のもと、社員一丸となって復興に取り組み、いち早く一部復旧を果たした同鉄道会社の事例について理解を深めました。
 その後、森のボランティア活動として、フォレストボードの整備(*)体験を行いました。
  * 森の中に車椅子の方でも自然散策のできる木道を作る作業。
  間伐材を用いた木の板に思い思いのメッセージを書き入れ、レールに打ち付け木道を
  伸ばしていきます。完成すると標高差300mの山道を車椅子で楽しめるようになります。

 (日程表 / 写真 / 訪日団体験談

((ニュース))
街の駅・久慈ウェブサイトに掲載されました。(10/16)
岩手日報に掲載されました。(10/17)
デーリー東北新聞社ウェブサイトに掲載されました。(10/18)
外務省のウェブサイトに掲載されました。(10月)

((帰国後発信報告)) → 帰国後発信報告とは?

その他JICE関連の複数国混成訪日団招聘プログラムについてはこちらから