• トップ
  • はじめての方へ
  • キズナとは?
  • プログラムページ
  • 募集・Q&A
トップ > プログラムページ > その他 > 招聘 > ・帰国後発信報告:
大人子ども関係なく、皆が安全について学ぶことが、とても重要とわかった
ASEAN14カ国混成学生訪日団 気仙沼グループ インドネシア学生
 
プログラムページ
 

北米諸国

ASEAN諸国

SAARC諸国

その他アジア諸国・地域

大洋州・太平洋島嶼国・地域

その他

 

招聘

・帰国後発信報告:
大人子ども関係なく、皆が安全について学ぶことが、とても重要とわかった
ASEAN14カ国混成学生訪日団 気仙沼グループ インドネシア学生

 日本とその被災地域を訪問した今回のプログラムは、すばらしいものでした。

 地元の人々から被災当時についてお話を伺い、衝撃を受けると同時に、皆さんの復興への努力に尊敬の念を抱きました。苦しく悲しい経験を人に話すのがどんなに辛いことか、私は知っています。それでも被災者の皆さんは、あたたかく私たちに話をしてくださいました。そして、困難から立ち上がり、また元の生活を取り戻そうとする姿を見せてくれました。

 東日本大震災では、非常に広範囲に渡る被害がありましたが、私はそれを、自分の国のメディアを通じて見ていただけでした。今回のプログラムで、被災地を直接、自分自身の目で見たことにより、被災者の方々のことを、より考えるようになりました。

 日本政府による防災対策は、本当に素晴しいと思います。

「度々地震に襲われる日本で、どうして人々は落ち着いていられるのか」

 日本では、人々が防災センターなどで、安全を確保するための訓練を受けています。いざという時、自分や他人をいかに守るかについて、政府がすべての人に対し教育を行っているのです。防災センターを訪れる人々の中に、大人の人もたくさん見かけました。大人子ども関係なく、皆が安全について学ぶことが、とても重要なことだとわかりました。 どうもありがとうございました。

 

その他、同プログラムの情報についてはこちらをご覧ください。