• トップ
  • はじめての方へ
  • キズナとは?
  • プログラムページ
  • 募集・Q&A
トップ > プログラムページ > ASEAN諸国 > ベトナム > 招聘 > 帰国後発信報告:ブログに被災地の様子や風評被害について3ヵ国語で紹介しました
ベトナム第3陣訪日団 学生
 
プログラムページ
 

北米諸国

ASEAN諸国

SAARC諸国

その他アジア諸国・地域

大洋州・太平洋島嶼国・地域

その他

 

招聘

帰国後発信報告:ブログに被災地の様子や風評被害について3ヵ国語で紹介しました
ベトナム第3陣訪日団 学生


 ベトナム第3陣で岩手県の大船渡市や陸前高田市、釜石市等を訪れたラ・クァン・ティエンさんが、自身のブログに日本語、英語、ベトナム語の3ヵ国語で訪日体験を掲載しました。ティエンさんは、ブログが人々の東日本大震災に関する理解を深め、日本へ旅行するきっかけになってほしいと願い、写真等を使って被災地の様子や風評被害について紹介しました。

 ブログ「Welcome to La Quang Tien'Blog〜ラ・クアン・ティエンのブログにようこそ」より
  ・KIZUNA VIETNAM 2013 (日本語 / 英語 / ベトナム語

((ブログ記事抜粋、原文まま))
私たちが直接経験したこと、記録したことが、震災後2年経過した日本についての最も明確な証拠となってほしいと思います。皆さんに、これらについてよく考えてほしいと思います。根拠のない噂が人々を誤解させている状況を悪化させてはいけません。私たちは、皆さんが実際に日本に行って、直接3.11災害の影響を受けた場所を訪れることをお勧めします。そうすれば私たちが言っていることが本当だったと分かるでしょう。また、私たちの活動から学んだことを、家族や親戚、友人に共有してください。

私は、日本人の偉大な復興活動、変化を見るために、できるだけ早くまた日本に戻りたいと思っています。人は色々なことを経験することで成長するものだと思います。何が起こったのかに関わりなく、太陽はまたあした昇ぼるでしょう。

最後に、私たちは日本人に多くの良いことがあるように祈り、いつもあなたがたのそばにいます!